MENU

学習効率を上げる方法(自分のパターン作り)

 

英語の学習を効率よく成果を上げるためには、どのようにすればよいのでしょうか。

 

英語の教材を、主教材と副教材の2種類を組み合わせて行うと成果を上げることができます。では、どのようにして主教材と副教材を選べばよいのでしょうか。

 

まず文法を覚える勉強法が大切で、文法の組み立てについて学ぶべきです。そして英会話の表現を繰り返し、口に出して練習します。文法をあまり深く考えないという方も多いようですが、文法はガイドの役割もするので重要なのです。文法能力に欠ける人というのは、TOEICのテストでもよい点を取ることはできないでしょう。文法をきちんと頭の中に入れて、しっかりと土台を築くことが重要なのです。

 

自分の弱点は、英語を勉強していくうちに気が付くでしょう。毎日の学習には主教材を利用し、弱点の克服には副教材を利用するといったような勉強法もあります。たとえば、“イディオム”“前置詞”“発音”が自分の弱点だとわかったら、それを1つずつ克服できるように学習していくといったような具合にです。何度も繰り返して学習することによって、確実に力となっていくことでしょう。弱点を克服することは、決して面白いものではありません。あまり無理をせずに、少し勉強するつもりで続けてみてください。飛躍的に、力を伸ばすこともできるでしょう。

 

次に新しい分野の教材を学びながら、副教材で以前の学習内容をもう一度学習するといったような方法です。復習することによって、様々な表現が自然と身に付きます。まなんだことをしっかりと吸収することができるので、おすすめです。

 

こういったいくつかのパターンを自分で組み合わせて、自分のパターンを作り出すといいですね。