MENU

七田式「右脳イメージトレーニング」で効率的に英語を学ぶ

 

自我が目覚め時期というのは、8歳〜10歳までとされています。自分で意思決定するようになってしまう時期なので、ほかの人の意見をあまり聞かないということもあるようです。英会話教材を選ぶ際にも、子どもんの意見も尊重しながら一緒に決めていくようにしてください。そういったことも踏まえながら、慎重に英会話教材を選ぶようにしましょう。

 

「右脳イメージトレーニング」というものがありますが、こちらは“七田式”のトレーニングで「天才児を育成する」として有名なものです。もちろんすべてのお子さんが天才になるというわけではありません。物事を柔軟に考える力を身につけることができるのです。

 

脳のメカニズムと合わせて英語学習を進めていくもので、まずは耳から覚えていきます。そして声に出して発音し、暗唱するという手順で学習を進めていきます。これは、「聴覚口唱法」という非常に合理的な学習方法なのです。

 

幼児期から10歳ごろのお子さんの特徴を活かした学習方法が、この七田式のトレーニングなのです。この方法を取り入れることによって、学習成果にも拍車をかけることでしょう。子供の潜在能力を引き出す「右脳イメージトレーニング」は、理論的な学習方法です。驚くような能力を発揮する子供さんもいらっしゃるようで、その成長には驚くことでしょう。

 

だからといって自分の子供に成果がないから天才ではないと思う必要はありません。生まれながらもった才能だけではなく、思考力やアイデアをもつ力など様々な能力があります。コツコツと努力することによって、そういった習慣を身に着けることも大切なことです。