MENU

「スピードラーニング」の勉強法と落とし穴

 

「スピードラーニング」という初心者向けの英会話教材がありますが、どういった教材なのでしょうか。

 

語学関連の多数のサービスを扱う「エスプリライン」から販売されており。CDの音声を聞き流すだけでよいという教材です。辞書などを引く必要はなく、英語のフレーズが流れたあとに日本語のフレーズが流れるといった具合です。英語の音声だけのCDもあるので、それだけを聞くこともできます。

 

英語は耳から聞くとよいとされていますが、本当にCDを聞くだけで英語を話すことができるようになるのでしょうか。第二言語を習得するためには、地道な努力が必要です。話るようになるかと聞かれれば、短期間で話すことは無理といえます。この教材がどんなに素晴らしいものであったとしても、短期間で上達することは難しいでしょう。やはりある程度の学習時間というのは、必要になってきます。

 

「ただ聞き流すだけで良い」というキャッチコピーは、忘れたほうがいいかもしれませんね。では、違った使い方をしてみてはいかがでしょうか。スピードラーニングには、日本語音声のCDと英語音声のCDとがあります。ですから、まずは英語音声のCDを何度も繰り返し聞きます。そして聞いた英語音声を日本語訳で確認します。もう一度英語音声を聞いた後に、テキストで英文を確認します。そして、テキストを見ながら英語音声を確認するといったような方法です。

 

英語音声を何度も聞くことによって、内容が断片的ながらわかるようになってきます。英語音声ばかりを聞くのではなく、日本語音声を聞いたりテキストで確認することによって理解できるようになります。最初から日本語を聞いてしまうと、脳が勝手にわからない単語の置き換えてしまうからです。