MENU

英会話教材の上手な選び方

 

英会話教材の上手な選び方

英会話をマスターすることはとても難しく、どれほどの優れた英会話教材を使ったとしてもなかなかマスターすることはできません。

 

「1日たった5分で英語が話せる」「知らないうちに英語が身に付く」といったような、魅力的なキャッチフレーズを耳にしたこともあるでしょう。通信販売の英会話教材には、こういったキャッチフレーズが多く採用されています。ですが、こういった教材を利用してすぐに英会話をマスターできたという方はおそらくいないでしょう。教材というものは、あくまでも英会話をマスターするためのサポートにすぎません。日本にいながら英語をマスターするためには、教材を欠かすことはできません。

 

英会話教材を利用している方は、多くの方がその学習において飽きてしまうようです。利用したのは最初だけで、なかなか長続きしないということです。購入したことに満足してしまって、そのあとが続かないという経験をされた方もいらっしゃることでしょう。この飽きるということに一番強く対処することができるのは、その人のやる気なのです。「絶対に英語を話せるようになりたい」といったやる気が、英語を上達させるのです。

 

英語を学習する際には、ライフスタイルと合わせて考えるようにしましょう。本当に継続して勉強することができるかを考えて、英会話教材を選ぶようにしましょう。例えば毎日仕事が忙しいという人に、1日3時間の学習時間をとることも難しいでしょう。1日に30分しか時間がとれないという方は、それに見合った学習計画を立てることが重要です。購入した教材とは、これから長く付き合っていくことになります。自分のライフスタイルに取り入れて、生活の一部になるようにすることが理想的といえるでしょう。

 

 

継続できる英会話教材とはどんなものか

英会話教材を選ぶ際に一番大切で重要なことは、その教材が継続して勉強できるものかどうかという点です。では、「継続できる教材」とはどのような教材のことを言うのでしょうか。英会話の教材を継続するというのは、学習する意欲を持ち続けることができる教材ということです。学習する意欲をアップさせてくれる教材であれば、継続して学習することができます。では、意欲をアップさせてくれる教材とはどのような教材なのでしょうか。継続して興味のわく教材や面白いもの、英語が上達していると感じることの出きる教材などがそうです。

 

実力に合っている

例えば、自分の実力に適している教材がよいでしょう。自分の実力よりも高度な教材であれば途中でやる気もなくしてしまいます。反対に簡単すぎるものも、あまり長続きしません。少し難しいという程度の教材であれば、やる気もアップすることでしょう。

 

目標に合っている

次に目標にあった教材であることも大切なことです。アメリカの大学進学を志している人は専門分野の教材を選び、学びたいと思う英語の分野があればそちらを選択しましょう。日常会話を学びたいと思っているのに、ビジネス英語の教材を購入しても意味がありません。

 

内容が面白い

内容が面白いと思う教材も大切です。面白くて楽しいと思える教材であれば、頑張ろうという気持ちもわいてくることでしょう。自分の好みにあった教材を選択するようにしましょう。

 

どういった教材が正解なのかは、誰にもわかりません。ですが、自分にあった教材を選択することが一番大切なのです。

 

 

英会話教材を選ぶ大事なポイント

英会話教材はたくさんありますが、どういった点に注意して選ぶとよいのでしょうか。

 

価格

英会話教材を選ぶポイントとしては、まずは価格です。高い教材も安い教材もありますが、相場は3万円〜6万円くらいです。高額の教材は、やはり教材としての質が高いものとなっています。お値段と教材の内容のバランスをみながら、購入することが大切です。

 

教材の質

次に大切なポイントは、英会話教材の質です。ピンからキリまであるので、よく確認するようにしましょう。ノウハウを中心とした教材などもありますが、利用者の役に立つものを選ばなければなりません。ノウハウを勉強する前に、まずは文法や語彙を学ぶ必要があります。そのあとで、ノウハウは初めて役に立つのです。英会話教材の質とは、その教材が何を主体としているのかによります。自分が求めているものと合致していれば、それは質の高いものといえるでしょう。

 

教材の量

最後に大切なポイントは、量になります。価格と量のバランスを見ることが大切で、安くても量が少なければ意味がありません。多すぎる量の教材というのも、あまり良い教材とはいえません。適度な量がベストなのです。

 

 

こういった価格・質・量の3つのバランスが良い教材こそ、価値のある教材なのです。自分にあった教材を探すことは難しいことですが、まずは色々と比較してみましょう。比べてみることで、見えてくることもあるでしょう。選択がうまくいくことによって、英語の実力も身につくことでしょう。色々と試してみてください。